【飯岡かなこ】かなこの優しさと美貌に義明は次第に夢中になっていった